初めてのお客様へ

私どもはこの様にして、お客様の不安と不満を解消していきます。

無駄な費用を掛けずに満足していただく事がすべてだと考えています。

リフォーム工事で、お客様が満足しなければ失敗です。
たとえお客様の思い描いているように仕上がったとしても、使いづらいなどと感じたならそれは成功したといえません。
なぜなら、家造りのプロである私どもが商品あるいは、工事することのメリット・デメリットを、プロとしての提案・アドバイスでお客様のリフォームを成功へと導くのが、私どもの使命と考えているからです。
お客様の要望どおりにしか工事できないのは、プロとはいえません。
私どもは工事をさせて頂いて料金をいただく。
お客様は工事そのものより、工事をして得られるメリットにお金を支払う。
お互いにWIN・WINの関係でそこに思いやりが入らなければ、良い関係とは言えなし、5年・10年先、全てお客様の目線で物事を考えなければ、良いリフォームはできないと私どもは考えます。

お客様の不安を解消します。

不安とは、業者(信頼できるのか?)、内容(良いプランか?センスは?)、価格(価格は適正か?もっと安いとこがあるか?)、仕事(腕は確かか?
イメージどおりにしてくれるか?)に対するものです。
業者と仕事に対する不安ですが、私は業者選択の判断基準は顧客の満足度・お客様の声だと思っています。
私どもはたくさんのお客様の声をいただいております。
内容に対する不安は、不安が解消するまでたっぷり時間をかけて、家族全員参加して私と話し合っていただきます。そして、お客様の考え方・価値観・家族観・困っている事・どのように使いたいのかなど、徹底的にヒヤリングさせて頂いたうえで、最適と思われる提案をしたいと思っています。
価格に対する不安は、見積もり以上の追加金が出ないように、事前調査書を作成し、こういう状態なので、こういう工事が必要ですと、きっちり説明します。また、お客様に分かりやすい部屋別・部位別の見積書を作成し、部材・工法についても詳細に説明いたします。

お客様の不満を解消します。

不満とは、現在のお住まいに対する不満です。
不満があるからリフォームをしようと考えられた訳で、これを解消しなければ失敗となります。不満を解消するためにはお客様の家族全員とたっぷり時間を掛けて、本当のニーズをお聞きします。
なぜリフォームをしようと考えたのか、どう使いたいのか、どうなっていきたいのか、具体的にお聞きします。お客様の本当に困ってる事はなんだろう、お客様の気づいていない解決方法はないかなど私も真剣にお聞きします。
一緒に考えて一番良い方法を見つけましょう。もちろんプロとしてのアドバイスをさせて頂きます。満足のいくプランが出来るまで見積書はお出ししません。急ぐ必要はありません。満足のいくまでゆっくりと考えましょう。

販売強要・しつこい営業は一切しません。

私も工事をする事によって料金を頂いおります。もちろん仕事を頂きたいのはやまやまです。しかし人を騙したり契約を急がせようとするのは、明らかにルール違反です。
あなたはリフォームをする時、複数の業者に見積もり依頼をされますね、もし私もそのうちの一つに入れてもらえたら、正々堂々と営業させて頂きます。もちろんしつこい営業などしませんし、するつもりもございません。
そんな事をしてもお客様に嫌われるだけですから。

営業管理は社長一人です。だからこんな事ができます。

少人数で営んでおります。事務所もビルの一室を借りています。
営業・管理・プランニング・見積もり等を少人数で行っております。
中間マージンが発生するような下請けに丸投げなどはしていません。
しかしデメリットもあります。
それは少人数のため一度に多くの現場をこなせない、お待ち頂いたり、遠方へは行き難い等あります。
つまり、無駄な経費は一切使わない主義です。無駄な経費はお客様の原価となって還元されます。お客様のためにならないと思われる経費は全て削除します。しかし、現場の品質を高めると思われる経費、現場管理や設備などの必要経費は惜しみません。
なぜなら、お客様に対して、現場の品質が全てだと考えているからです。

小さな工事もしっかり対応させていただきます。

網戸張替え、畳表かえ、襖張替え等、小工事も喜んでさせて頂きます。
小工事はほとんどが急を要するものです。小さい会社ならではの小回りで対応させて頂きます。なぜなら小さな工事から私どもとお客様の信頼関係が始まるからです。信頼関係がスタートする小さな工事にしっかり対応すると言う事は、私にとっては重要な事と考えております。

社長の私が全て責任を持ちます。

今まで申してきた事すべてにおいて私、田中が責任を持ちます。
クレームがあれば私が全て対処します。人は小さな不満は我慢するものです。
小さな不満が積もり積もってやがて大きな不満、つまりクレームになります。
小さなクレームは大きなクレームのシグナルだと考えております。
工事が始まって日々の小さなクレームも遠慮なく私に言って下さい。
また、工事が終わって住み始めてからが、本当のお付き合いです。
毎月ニュースレターをお送り致します。
年2回リフォーム後の状況をお伺いするためのハガキをお送りしています。
アフターメンテナンスをきっちりします。
図面やカタログなどで十分検討されても、実際使ってみなければ分からない箇所もあります。その時はまた私と一緒に考えて、一番良い解決方法を見つけましょう。


失敗しないリフォームをするために
リフォームは決して安い買い物ではありません。
千・二千円のものならともかく、数十万円・数百万円というリフォームは絶対に失敗するわけにはいかないのです。

お客様に無駄な費用を使わせずに満足していただく。
お客様の思い描いている予算の中で、希望に沿った満足できるリフォームを、信頼できる人に依頼する。これが極意です。

どうしてリフォーム業者は、不安を抱えたままのお客様に契約を迫るのでしょうか?
それは単純に仕事が欲しい、ノルマがあるからです。
お金を出すのはお客様ご自身です。決して急ぐ必要はありません。

リフォームに対してどのような不安をお持ちですか?なぜなら、リフォームはお客様と業者との信頼関係が一番大切だと思うからです。

チラシやタウンページ、ネットなどで業者を探されているあなたは、もしかして以下のような不安があるのではないでしょうか?

  • とにかく信頼出来る業者がいないので不安
  • 見積もりの価格が適正なのか分からないから不安
  • 専門的知識が無いので不安
  • 問い合せの電話をするとしつこい営業が始まるのではという不安
  • 偽装・手抜き工事をされるのではという不安

リフォームは価格がすべてだとは思っていません。
なぜか、リフォームはどこで買っても同じものが出てくる電化製品ではありません。
お客様の要望を聞きながら現場で職人が施工するオールハンドメイドだからです。
ですから、契約する前には上記のような不安材料はすべて、解消していなければならないのです。
要するに、不安と不満がすべて解消しなければ契約してはいけないという事です。

エスケイシステムへのお問い合わせ